インターンのJustineが東京にやってきてもう一か月です。

日本人も海外から来た方も住むシェアハウスでの経験から、日本の文化や生活様式について、感じたことについてブログに書いていただきました。
後半は、Justineが日本語にチャレンジしています。

Already a month since I arrived in Tokyo! There is so much to discover that I don’t dare saying I’m accustomed yet.
However, wandering in the city definitely helps me getting a grasp on what truly is the Japanese way of life, the Japanese spirit: Japan.

I chose to stay in a share house, half of my roommates being natives, so as to also feel that strong cultural identity at home.
That’s how I learned to cook yakisoba, okonomiyaki… and how every day I get to know a little bit better Japanese manners and customs.

Speaking of manners, those are such an important feature of Japanese culture!
From an outsider position, they might seem overdone or pointless, but when viewed from an insider point of view you cannot fail to understand how necessary they are to interactions and to the social system as a whole.
Using Erving Goffman’s terminology, those manners are not part of any ‘facework’ anymore, but rather belong to a long institutionalized ‘scenery’.
It’s not just about symbolism though; manners are experienced as an art of living.

They are of course ever-present in the Japanese business life: these are the famous “ビジネスマナー”. Salutations, “あいさつ“, polite speech, “けいご”, and the well-established procedural exchange of business cards, “めいし”, are essential prerequisites.
It is mainly about showing respect, consideration and interest to your interlocutor, whoever that may be, which demonstrates, I think, one of the Japanese way of life‘s strongest patterns.

Obviously, things are done differently in Europe, at least in France.
This doesn’t mean that French people respect less others, but rather that they express their appreciation and recognition in another way, which, unfortunately, might seem rude to outsiders, especially to those coming from such regulated social systems.

Politeness and courtesy are compulsory, but a direct and spontaneous approach is also a must.
This is precisely that frankness which, in my opinion, could be most surprising.
One of the crucial discrepancies between Japanese and French thinking is also, to my mind, that in France the process leading to the result isn’t as important as the result itself.

家でのカルチャーを感じたかったから、私はシェアハウスを選びました。
他の外国人と日本人も住んでいます。
そうして、焼きそばやお好み焼きなどの作り方を習いました。毎日少しずつ、日本人の慣習と日本人のマナーを習っています。

マナーは、日本の文化の中でとても大事なことです!外国人の観点から、多分少しやりすぎに思えるのですが、日本人の観点からマナーは本当に大切です。

Erving Goffman(米、社会学者、1922-1982)によると、マナーは、日本で「facework」ではなく、「scenery」です。
それは象徴だけではありません。マナーは生活の芸術です。

マナーはもちろん、日本のビジネスライフの中でも大事なことです。
それは有名な「ビジネスマナー」です。
「あいさつ」と「けいご」と「めいし」の交換は、常に非常に重要です。
これは尊敬と配慮と関心を示すことです。これは、日本の文化のもっとも強いパターンの一つだと思います。

ヨーロッパでマナーは違います、少なくともフランスでは。
フランス人が尊敬を示さないのではありません。
フランス人は尊敬を示すことのために他の方法を使います。
残念ながらこの方法は日本人には多分失礼に見えると思います。

フランスで礼儀はとても大事なことですが、ストレートで自発的なアプローチは非常に重要です。
これは日本人を驚かせることができます。
フランスで、最終結果は過程より大事です。

Justine Lapprand

————

日本でも結果にコミットすることは大切なのですが…。

滞在中に印象は変わるでしょうか?

Hello, Justine. 次回もお楽しみに。

Woman Path CDA 個別キャリア相談会受付中

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください