わが社のインターン、Justineの日本滞在期間もあと少しになりました。

夏真っ盛りに来日して以来、地元のお祭りでお神輿を担いだり、あちこち小旅行をしたりと、精力的に日本での生活を楽しんでいるようです。

今年は台風や地震など、日本のあちこちで大きな災害がありました。
各地でまだ大変な思いをされている方もおられることと思います。
お見舞い申し上げます。

そんな中、9月末に、「北海道ふっこう割」が発表されました。
先日の北海道胆振東部地震以来、旅行客が激減している北海道を応援しよう!とのことで、10月1日から、国内はもちろん、海外からの旅行者も対象に、旅行商品などの割引が実施されるそうです。

というわけで、当ブログでも北海道応援企画、「Justineの夏休み北海道旅行記」をお届けします。
北海道旅行は今がチャンス!というわけで、元気あふれる北海道旅行記をお楽しみください。
(後半に日本語が掲載されています。Justine、今回も日本語頑張りました。原文のまま掲載します。)

Eager to discover Japan’s multiple faces, I seized that opportunity to plan a trip: direction Hokkaido, the peaceful countryside!

DAY 1 – THE TRIP

My flight departed in Narita; going there was already an expedition!
I didn’t realize it before, but the airport is way out of the centre, which is quite unpractical and surprising for a city as big as Tokyo.

DSCF7681

Since the youth hostel I had booked was located right next to Susukino, I headed directly to Sapporo’s red-light district…
Such vivid colours to welcome me to Hokkaido!

DAY 2 – SAPPORO

Of course, as a brave tourist, I wandered around the iconic places of Sapporo: the TV Tower, the Odori Park, the Clock Tower… but what really made my day was the visit of Nijo market, a must-go if you want to try Hokkaido’s delicious seafood specialties.

I had a great time chatting with the owners of a very very tiny restaurant, hearing about their life experience and daily habits.
They made me try sea urchins for the first time: exquisite!

DSCF7545

The visit of the Sapporo Beer Museum, quite unexpected, was also utterly interesting.
I could indeed learn how Sapporo’s beer making, with Japan’s first brewery built in 1876, had been used as a territorial branding strategy by the Kaitakushi, Hokkaido Development Commission. Historically captivating, and an interesting marketing case study for me, as a business school student!


DAY 3 – SHAKOTAN PENINSULA

This may be the view that most moved me during my solitary peregrinations.
The blue sky, the azure water, the very green grass and the wind flipping it away…
A monstrous but splendid excrescence, a sleeping dragon on the verge of awakening, looking at the depths and mysteries of the open sea.
My memory is also full of Cape Ogon’s scenery, the picturesque port of Bikuni and the quiet walk along the Otaru canal.
What a day!

DSCF7781


DAY 4 – THE FLOWER FIELDS

After the seaside, I wanted to get a sense of real countryside Hokkaido, heading towards the centre of the island.
Biei’s famous flower fields were indeed worth their reputation; their surroundings themselves offered a magnificent landscape.


DAYS 5, 6, 7 –TYPHOON IS COMING

Heavy rain and strong wind disturbed my well-scheduled program for the following days, warning signs for the near arrival of another typhoon.
Things didn’t go as planned, but that is precisely an adventure’s charm.
Instead of roaming in the fields, I decided that this was my chance for some culinary sightseeing.

That is how I got to experience “Shabu shabu” for the first time, in a small traditional restaurant in Furano. Being the only foreigner and almost the only tourist, I could enjoy once again a real local experience and share some thoughts with the pleasant owners and other customers.

DSCF9166

On the same day I also tried Furano’s famous curry place: Yuiga Doxon, the 29 spices’ curry that you can eat in an old tree house!
Going back to childhood, picturing me as Peter Pan: another magical place, another magical moment.

I then achieved my journey’s last step by taking the train south to Toyako, well-known for its hot springs, its gigantic lake and fierce volcanoes.
An unexpected sunny spell shed light on the Toya-Usu UNESCO Global Geopark as I arrived, enabling me to witness another breath-taking view.

Toyako is one of those places where you can feel how fragile the balance between man and nature is.
Precisely, in this high volcanic activity zone, the equilibrium has been constantly broken, repaired, broken, then abandoned.

DSCF9177

Ancient, forsaken living areas remind how easily, how promptly nature takes back its belongings.
An alternative city still stands around the craters, as a material ghost of glass, metal and concrete fragments, vestige of a past that is not anymore but yet remains.
As those fascinating ruins, this journey will be fixed in my mind, evanescent yet resilient.

一日目―THE TRIP

私は日本の色々なところを見つけたいですから、旅行を決めました。北海道の静かな田舎に行こう!

出発は成田空港でした。東京から私が思っていたよりもっと遠いです。
東京は大きな町ですが、これは不便ですから、びっくりしました。

私が予約したユースホステルは薄野の近くでした。
色はキラキラで、きれいだと思いました!

二日目―札幌

もちろん、私は札幌の有名な所で見物をしました。
たとえば札幌テレビ塔にも大通公園にも札幌時計台にも行きました。

しかし、わたしの一番好きな時は二条市場に行った時です。
ここでたくさん美味しい北海道のシーフードを食べられます。
私はすごく小さいレストランでランチを食べた、オーナーと話して、人生の話を聞きました。
初めウニを食べて見た、美味しかったです!

札幌ビール美術館も行きました。予想外で、面白かったです。
色々を学びました。
開拓使は日本の一番目のブルワリーを1876年に建造しまた。
目標は、ブルワリーのおかげで北海道を拡大します。
北海道の歴史もマーケティングのケースについても学ぶことができましたから、ビジネス学生の私は嬉しかったです。

三日目―積丹半島

この景色は私の旅行の間で多分一番な印象的でした。
青い空や紺碧な海や緑グラスや強い風など…怖くても美しい寝ている竜のようにみえます。
黄金岬も美国町も小樽市も今も思い出されます。
積丹岬がやっぱり本当に好きです!

四日目―お花畑

海に行った時の後で北海道の田舎を見たかったので、北海道の真ん中に美瑛町に行きました。美瑛の有名な花畑はきらびやかでした。
ふつうの野辺もとてもきれいだったと思います。

五、六、七日目―台風が近づいてる!

大雨と強い風だったので、スケジュールを変更しました。
困ったけど、楽しかったです。
これはアドベンチャー!
美味しい食べ物を探すことに決めました。

富良野市の小さいレストランで、しゃぶしゃぶを初めて食べてみました。
旅人があまりいなかった、私は唯一の外国人でしたから、オーナーとここでも話すことができました。
他のお客様とも話しました!

同じ日、他の有名な「Yuiga Doxon」というレストランで スペシャルカレーを食べました。29スパイスがあった、辛かったです!
ウッドハウスで、子供時代に戻ってピーターパンの世界のように、食べるのが魔法的な場所と時間になりました。

それから、洞爺湖町に旅行しました、もう最終段階でした。
温泉や大きい水海や火山などがあります。
自然の景観はとても美しく、ユネスコの保護公園として認められています。
「洞爺有珠山ジオパーク」という所です。

洞爺湖は、人間と自然のバランスがどれほど壊れやすいかを感じることができる場所の一つです。
ここに火山がたくさんあります。
火山活動地域では、均衡が崩れ、修復、が絶えず続き、最後には放棄されました。

この古くて忘れられた生活の場所は、いかにかんたんに自然がそれと入れ替わるのか、がわかります。
奇妙な町もあります。
硝子とメタルとコンクリートの欠片の、幽霊のようにみえます。
これらはもはや存在しない時代の廃墟です。

そんなことが、北海道の旅行の思い出になりました。
がんばろう、北海道。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください